一定期間更新がないため広告を表示しています


先日実家の近くの天橋立にいってきました! これは船が通るたびに90度旋回する珍しい橋で、天橋立と文殊堂のある陸地をつなぐ橋です。かつては「久世戸の渡し」といわれ、てんころ舟で天橋立に渡っていました。大正12年に手動でまわる廻旋橋ができましたが、橋の下を通る大型船舶が多くなり、昭和35年5月から電動式となりました。多いときには日に50回ほど廻り、観光客の皆さんの目を楽しませると共に、絶好の写真、ビデオスポットとなっています。今回はこの辺で〜(>_<)やのでした。

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL